スバル期間工はきつい!その理由と対策に関して徹底解説【体験談】

1.スバル期間工がきついと言われる3つの理由

  1. 配属先の7割以上がきついトリム工程
  2. ストレス解消できる娯楽施設が周辺にない
  3. 寮での生活に慣れていない(集団生活等)

スバル期間工がきついと言われる一番の理由に非常に高い確率で「トリム工程」に配属されるということが挙げられます。

配属先は自身で選ぶことはできないようになっており、スバル側が欠員が出ている配属先にランダムで配置します。

そのため、1〜2ヶ月間程度休まずにしっかりと業務を行っていれば段々と慣れてくるものですが、最初の数ヶ月が耐えきれず辞めていく方が非常に多いです。

中には祝金目当てで数週間で辞めていく方もいますが、短期退職を繰り返していると次第に雇われなくなります。

「どうしても最初の数ヶ月間が耐えきれない!」

という方は、有給休暇を有効的に活用しながら、自分のペースで仕事に慣れていくしかありません。

1-1.配属先の7割以上がきついトリム工程

スバル期間工ではほとんどの方が、きついと言われている「トリム工程」に配属されます。

トリム工程はではライン作業となっているため、常に時間に追われる業務内容となっており、入社したての方にはまず全ての作業を完璧にこなすのは無理でしょう。

慣れない職場環境でいきなりタイムアタックのような作業を強いられるのですから、かなり最初はきついと感じるはずです。

1-2.ストレス解消できる娯楽施設が周辺にない

スバル期間工の寮周辺にはコンビニや大型ショッピングモール等はあるものの、大人が遊べるような娯楽施設は近くにありません。

群馬県の県庁所在地である前橋市中心部までは寮から約50分ほどかかるため、かなりアクセスはよくないといえます。

休日であれば時間をかけて東京や埼玉、千葉などまで足を伸ばすことができますが、平日の仕事終わりに気軽に遊べる娯楽施設は少ないです。

1-3.寮での生活に慣れていない(集団生活等)

スバル期間工としては働く際には多くの人がスバル側が用意した、期間工専用の寮を活用します。

寮費や水道光熱費が無料といったメリットはありますが、寮は

  • 相部屋
  • 個室

に別れる為、集団生活が苦手な人にはきついかもしれません。

寮の部屋の割り振りは全てスバル側がランダムで決める為、期間工自身が決めることができません。

その為、相部屋に当たった方は多少なりともストレスを感じることでしょう。

2.スバル期間工のトリム工程はきつい【配属先の違い】

スバル期間工に限らずどの自動車メーカーでも、工場内の配属先は選べないようになっています。

基本的には人員が足らないところから優先的に配属されるようになっている為、必ず楽な配属先に当たるとは限りません。

中でもスバル期間工では「トリム工程」と「ボデー工程」で業務のキツさが違う為、注意が必要です。

2-1.トリム工程とは?

トリム工程とは主に「車体組み立て」のことを意味します。

外部から組み立てる分にはまだ良いのですが、トリム工程では車体の中に入って組み立てていくので、無理な体勢や姿勢になって作業を行うことが多いです。

その為、業務終了後にはかなり筋肉痛になっていることも多く、キツさに耐えきれず数週間で辞めていく方もチラホラ。

また、トリム工程では出来立ての自動車のボディーの中で作業を行う為、先端で切り傷を作りやすのも特徴の一つです。

2-2.“ボデー工程”と”トリム工程”の違い

ボデー工程とは「車体工程」とも呼ばれており、トリム工程と比較すると大変楽な配属先です。

自動車の外組であるフレームを形作っていく作業を行うのが、ボデー工程になります。

具体的には自動車の部品をセットして、ボタンを押すだけといった単純作業。

トリム工程の方はライン作業なので、限られた時間の中で車体の中に入ってパーツを取り付けなければなりません。

その為、時間に追われて入社仕立てで作業に慣れていない方は、100%ついていけないと言われています。

逆に、ボデー工程には基本的にライン作業ではない為、時間に追われるといったことはありません。

2-3.スバル期間工がきついのは最初の1〜2ヶ月間だけ

スバル期間工として入社すると全体の7割の方々が、トリム工程に配属されます。

トリム工程では最初から完璧にやり切ることは不可能と言われおり、実際に車自体の取り付けパーツは約3万点あるためとても大変です。

作業に慣れない間は先輩方がしっかりとサポートしてくれる為、焦る必要もなく取り組めるようになっています。

また、早い方だと3週間程度で作業に慣れてテキパキとこなせるようになります。

最初はきついと感じるかもしれませんが、頑張って取り組みましょう。

3.スバル期間工は正直きついけど稼げる3つの理由

  1. スバル期間工の月収は30〜32万円とかなり高水準
  2. 期間工の業務に慣れると後はとても楽に感じる
  3. 寮費・水道光熱費等の固定費が全て無料

スバル期間工として働く際には最初はきついけども、月収30万円はかなり魅力的です。

おまけに固定費となる寮費や水道光熱費は無料なっており、無駄な出費さえしなければ最初の契約期間だけでも、100万円は貯金できるでしょう。

期間工の仕事自体に慣れてしまえば、これほど楽な仕事はないといっても過言ではありません。

3-1.スバル期間工の月収は30〜32万円とかなり高水準

スバル期間工では

  • 日給が9,000円スタート
  • 6ヶ月単位で昇給

するようになっています。

最短1年間勤務するだけで、最大日給9,600円まで達成することができるので、他の期間工と比較すると大変早い方です。

また、最初の契約期間は4ヶ月となっている為、半年もかからない程度の期間を我慢して勤めれば貯金100万円も夢ではありません。

3-2.期間工の業務に慣れると後はとても楽に感じる

スバル期間工に限らずどの期間工でも、最初はとてもきついと感じることでしょう。

何をもってきついと感じるかは人それぞれですが、業務自体に慣れてしまえば大変楽なので最初の1〜2ヶ月間は我慢してくださいね。

また、継続させるコツとしては配属先で友達を作り、ランチ休憩や小休止の際に毎日会話をすることです。

期間工はどうしても淡々と一人で取り組む作業が多い為、コミュニケーションをしっかりととって気分転換を行いましょう。

3-3.寮費・水道光熱費等の固定費が全て無料

スバル期間工として採用された方は、群馬県にある3つの工場のうちのどれかに配属されます。

寮に関しては工場の周辺に4箇所設けられており、

  • 東長岡寮
  • 日興寮
  • 大利根寮
  • 大泉寮

寮に関してもランダムでスバル側が決められます。

寮から工場まで車で約15分の距離にあり、それぞれの寮から毎日工場までのシャトルバスが出ている為、交通費等は全くかかりません。

その他、工場や寮には期間工専用の食堂が設けられており、安価に食事をとれるようになっています。

寮費や水道光熱費は無料ですし、食費も贅沢しなければ月に1万円もかかることはないでしょう。

4.スバル期間工は女性にはきついのか?

結論からいうとスバル期間工の仕事は、女性でも難なくこなすことができます。

理由としては男性の期間工と比較して女性の場合は、比較的楽な配属先に配置されることが多いからですね。

とはいえ、女性が期間工として応募するのは100人に1人いるかいないかくらいです。

スバル期間工に限らず、他の自動車メーカーでも同じように女性の応募者は極めて少ないのが現状です。

また、寮に関しては男性とは別に、女性専用寮を設けている自動車メーカーもあります。

スバル期間工には残念ながら女性専用の寮はありませんが、借り上げのアパートやマンションに1人で住める可能性が高いです。

その他、実際にスバル期間工として働く女性の体験談が公式サイトに公開されているので、気になる方は是非とも読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です