期間工は何歳まで?年齢上限はない!30代・40代・50代が受からないは嘘【事実】

目次

1.年代別期間工になれる可能性

年齢期間工になれる可能性
10代〜20代100%合格できる
30代前半応募すれば大半は合格できる
30代後半〜40代合格が危うい
50代以上採用が難しい

期間工として現場で働いている年齢層として一番多いのは、20代から30代の年代になります。

自動車の工場ということで体力を必要とする他、心身ともに健康体でないとどの期間工でも採用される確率は低いです。

現場の声としては年齢は別として、身体的に健康でしっかりと業務を遂行できるかどうかが、とても大事になってきます。

1-1.10代〜20代

応募すればほぼ100%の確率で期間工として、合格することができるでしょう。

現在はどこの会社でも若い戦略を求めており、期間工としては採用された後は正社員という道も確保されています。

また、10代から20代は将来的に期待されることが多い為、会社の上層部も積極的に採用しています。

1-2.30代前半

30代前半までが期間工の市場においても、最終ラインと言っても過言ではありません。

20代同様に心身ともに健康であることが前提となりますが、比較的30代前半までは採用されやすいです。

また、期間工に限らず他の転職市場でも30代前半までが、市場価値が高いと言えるでしょう。

1-3.30代後半〜40代

30大後半から40代となると極端に期間工でも、採用率が下がります。

採用されるためには期間工として働くメーカー選びや、過去の製造業としてのキャリアが大変重要になってきます。

面接試験でもしっかりと過去のキャリアをアピールすることが、採用の鍵と言えます。

1-4.50代以上

50代以上となると期間工としての採用は厳しいでしょう。

ただ、採用確率は全く0ではなく三菱自動車の期間工の部品関連であれば、採用されてる可能性があります。

健康診断を異常なくパスすることが出来れば、問題なく合格になる方もいらっしゃいます。

2.採用の3つのリアル(年齢を重ねると厳しいのか)

  1. 歳いってて未経験だと不利か
  2. 精神的に若々しいかどうか
  3. 健康診断に受かるかどうか

期間工の採用に関しては、主に3つの課題があります。

1-1.年齢制限

どの期間工でも30代後半となると極端に採用率が下がります。

ですので、ある程度の製造業としての経験が求められるでしょう。

40代で全くの期間工未経験者だと、かなり採用は厳しいです。

1-2.心身ともに若々しいか

2つ目の課題として心身共に若々しい方であれば、逆に40代の方でも採用される可能性はあります。

面接試験では年齢の割に若いと言った理由で好印象を与える場合もありますし、同時に健康体であれば間違いなく採用されるでしょう。

1-3.健康診断に受かるか

3つ目の課題として、仮に10代20代で健康診断に問題があると、不採用となるケースもあるので、注意が必要です。

あくまでも期間工は身体を使った業務がメインとなるので、健康診断で異常があると年齢に関係なく、かなり採用は難しくなります。

その他、自動車会社の繁栄期などにタイミングよく期間工として応募すると人手が足りない為、年齢に関係なく採用される場合もあります。

3.期間工の求人が年齢制限なしになっている主な3つの理由

  1. 雇用対策法により年齢制限を行うことが禁止されている
  2. 生産が追いつかなくなると年齢に関係なく採用される
  3. 自動車メーカーは年齢制限を実施していても公表しない

期間工の求人ではそれぞれ年齢制限を設けて求人を出すことが、法律で禁止されています。

ただ、自動車会社ごとに求人には掲載していないけど内々で年齢制限を設けているところが多く、どこも大体35歳までを対象としている場合が多いです。

例外としては、生産が追いつかなくなってくる時期には、年齢に関係なく心身ともに健康体であれば採用する場合もあります。

3-1.雇用対策法により年齢制限を行うことが禁止されている

厚生労働省の定めにより期間工では、求人情報に年齢制限等を設けることが禁止されています。

その為、「35歳未満の方歓迎」などの年齢制限と思われるような曖昧な求人情報に関する明記も、厳しく規制がかかっています。

実際に各自動車メーカーの期間工に関する求人情報を見ていただいたら、お分かりいただけますが、年齢に関する情報には一切触れていません。

3-2.生産が追いつかなくなると年齢に関係なく採用される

自動車メーカーでは時期によってはかなり人手が足りずに、生産が追いつかなくなることがあります。

繁栄期にはどの自動車メーカーも通常時以上に年齢を気にせず、健康体であれば採用される確率が高いです。

現場は猫の手も借りたいほど人手が足りなくなるので、募集枠も大幅に拡張されます。

3-3.自動車メーカーは年齢制限を実施していても公表しない

求人情報には年齢制限に関する表記は一切されていませんが、実際には採用者側がある程度の年齢を考慮して合否を決定しています。

各自動車メーカーによって採用される年齢別の割合が若干違いますので、データを見ながらご自身が採用されやすい自動車メーカーを受けるべきです。

また、比較的35歳以上となる製造業としての経験が重要視されますので、未経験の方はかなり厳しいと思って良いでしょう。

4.40代・50代で期間工に採用されるためのポイント

40代50代となると、かなり期間工としての採用は厳しいです。

採用されないわけではありませんが、しっかりとした採用者側のニーズの把握と、面接対策が必要となります。

その他、応募のタイミングも非常に大事になってきますので、40代50代で期間工を狙っている方はしっかりと応募する会社の状況も把握しておきましょう。

4-1.40代の期間工希望の方は繁栄期が狙い目

40代で期間工を希望される方は、各自動車メーカーの繁栄期を狙って応募するのが良いでしょう。

具体的な時期に関しては、2〜3月が自動車産業の繁栄期と言われており、期間工の採用枠も大幅に拡張されます。

その他、一般社員のボーナス時期である7月にも車の売れ行きが伸びるので、期間工の枠も少し多めになります。

4-2.50代の期間工希望の方は経験を上手くアピール

50代の期間工希望者の方は繁栄期を狙うのは勿論のことですが、プラスしてこれまでの製造業としての経験が必要となります。

50代で未経験となると限りなく採用確率は0に近くなってしまいますので、応募の際には注意が必要です。

また、製造業としてのキャリアがしっかりとある方は、面接試験でも上手くこれまでの経験をアピールしましょう。

4-3.40代50代の期間工後の老後はどうするの?

40代50代の方で期間工として契約期間ギリギリまで勤め上げた方は、失業保険をもらいながら新しい資格取得を目指す方が多いです。

国民年金は一般的には65歳からの受給となるので、それまではコンビニのバイトをする方もチラホラいますね。

期間工はあくまでも非正規雇用なので、正社員の方々のような退職金もありません。

また、厚生労働省の調べによると日本人男性の平均寿命は約81歳となっているので、期間工として働いている40代50代の方は老後はかなり厳しいでしょう。

対応策としてはしっかりと老後に備えて、今から貯蓄をおくことではないでしょうか。

4-4.60代以上の期間工はかなり厳しい

60代以上の方で期間工に応募する方は、本当に稀であり実際に採用率もかなり厳しめです。

過去に製造業の経験があったとしても、よっぽど特質した資格やスキルがないと60代となるとまず採用されません。

とは言え、応募自体はどの年代でもできるようになっているので、一度試しに受けてみるのもアリですね。

5.【年齢別】各メーカーごとの期間工の採用状況

企業名年齢制限人手不足の時期(繁栄期)
トヨタ35歳40歳
マツダ35歳40歳
デンソー35歳40歳
クボタ40歳50歳

※上記の数値はあくまでも目安です。

各自動車メーカーによって期間工の採用状況は、全く異なります。

中には応募自体していないところもありますので、現時点で期間工として働こうと検討されている方は応募状況と共に、年齢別の採用状況も確認しておくと良いでしょう。

10〜20代であれば比較的どの自動車メーカーでも期間工として、採用されやすいです。

しかし、30代後半やそれ以上の年齢の方はしっかりと狙いを定めて応募する事が、重要になってきます。

採用状況をしっかりと確認してから、応募する自動車メーカーの期間工を選びましょう。

5-1.トヨタ期間工は30代40代の採用率がとても高い

トヨタ期間工は30代40代の採用率がとても高い傾向にあり、比較的経験者を優遇して採用しています。

製造業として未経験の場合は30歳が採用合格ラインとなっており、30歳以上の方でこれまで全く製造業としての経験がない方は厳しいでしょう。

また、経験者であれば50歳でも採用される可能性があるので、気になっている方は是非とも一度応募してみてくださいね。

5-2.マツダ期間工では比較的40代の方も多く働いている

マツダ期間工では、比較的40代の方も多く働いています。

中には50代の方もチラホラ働いている状況なので、マツダ期間工として働きたい40代50代の方は面接対策をしっかりと行いましょう。

また、面接試験に関する対策方法が分からない方は、アウトソーシング等の派遣会社を活用すると、しっかりとサポートしてくれるので安心です。

5-3.デンソー期間工では30代の年齢層が一番多い

デンソー期間工として働いている年齢層で一番多いのは、30代となります。

前身はトヨタ自動車の開発部門だったデンソー ですが、今もトヨタグループという事で40代50代でリピーターの方は比較的採用されやすいです。

また、デンソーやトヨタに限らず他の自動車メーカーで期間工としての経験がある方も、優遇される傾向にあります。

5-4.クボタ期間工では40代の採用率が高め

クボタ期間工として働いている年齢層的には主に30代が大変多く、採用に関しては40代でも自動車メーカーよりは採用率は高めとなっています。

また、クボタは自動車メーカーではなく農業機械や検察機械を、製造している会社になります。

自動車メーカー以外で寮が無料だったり満期金が支給されたりするのは、クボタだけといっても過言ではないでしょう。

6.期間工の正社員雇用は原則20代限定である

期間工として働くにあたり正社員としての採用を狙っている方も、中にはいると思います。

実際には期間工から正社員になるには、20代が対象となっており30代以上となるとまず正社員採用は難しいでしょう。

理由としては

  • 29歳以上を正社員雇用すると社内の均衡が崩れる
  • 企業のトップは積極的に若い人にチャンスを与える

といった2つの理由が、挙げられます。

6-1.29歳以上を正社員雇用すると社内の均衡が崩れる

30代40代を正社員雇用してしまうと会社としては、現場は年功序列で成り立っている面もありますので社内の均衡が崩かねません。

初めから正社員として雇用される方は10代20代の若い人たちなので、現場に30代の現場上がりの正社員もいるとなるとかなり気まずいです。

現場の人間関係を円滑にする為にも、会社側としては正社員として雇用するには、20代までが理想的だと言えます。

6-2.企業のトップは積極的に若い人にチャンスを与える

企業側からしたら若い人たちを育てていきたいといった気持ちがあるので、必然的に若い人たちが正社員雇用として採用される割合が多いです。

基本的に期間工は一時的な労働力として扱われるので、現場での育成や指導といったことには力を入れていません。

業務内容も比較的誰でもできるようなことが多く、重要なポジションは全て正社員の方々が担当しています。

6-3.期間工として40代が正社員を目指すのは難しい

40代の期間工が正社員を目指すには、かなり厳しいでしょう。

正社員の採用枠としてはどこの自動車メーカーも一般企業と比較してかなり多いと言えるのですが、対象となるのは20代のみ。

例を挙げるとトヨタ自動車等では、過去3年間で約1,000名もの正社員を採用していますが、その殆どが20代を対象としています。

7.40代・50代が受からないは嘘!年配も募集しているおすすめの期間工3選

40代50代でも期間工として比較的採用していると言えるのは、

  • マツダ自動車
  • ホンダ自動車
  • 三菱自動車

の3つが挙げられます。

年齢的に不安がある方で期間工として働きたいと思っている方は、まずは年齢を気にせずに積極的に採用している自動車メーカーに応募してみましょう。

また、実際に応募する際には「応募時期」と「面接でのアピール」の2つをしっかりと意識して取り組んでみてくださいね。

7-1.マツダ自動車

他の自動車メーカーと比較しても、ダントツで社内に30代40代が多い会社です。

入社祝金が他よりも高めに設定されており、アウトソーシング等の派遣会社を利用する場合は、最高額45万円程度貰えます。

また、寮と工場が近くアクセスが良いという他、個室寮の割り当ての確率も大変高いので快適な寮生活を望んでいる方にもおすすめですね。

7-2.ホンダ自動車

社員の有給取得率が日本一と言われているホンダ自動車では、期間工の待遇もかなりよく現場の人間関係も良好と言えます。

期間工の年齢層としては40代も多く、中には50代の方もいらっしゃいます。

また、ホンダ期間工の日給(10,300円)は自動車メーカーの中でも一番高いという点も、魅力的なポイントと言えるでしょう。

7-3.三菱自動車

三菱自動車の期間工の特徴としては他の期間工よりも、祝金がかなり高額(73万円)というところでしょう。

提供される寮は完全個室となっており、寮で提供される食事は無料となっています。

また、期間社員優良企業にも認定されているので、安心して働くことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です