入社祝い金が怪しい!高額過ぎる理由とブラックな事例を解説【驚愕】

1.入社祝金のからくりとは?

期間工として働く際に一番に気になるのが入社祝金ですよね。

なぜ、入社祝金が高額提示されているのか、疑問に感じているはず。

派遣会社が提示している入社祝金の出どころは、求人広告を出している企業側。

企業側は何としても人材を確保したいと考えており、人材募集における手間を省くために派遣会社を通じて広告を出しているのです。

派遣会社側も募集がないと企業側から報酬をもらうことができません。

その為、より多くの求人募集があるように多額の祝金を設けて利用者を集めています。

一見、応募者に支払われる入社祝金は派遣会社側が支払っているように思えますが、

実際には企業側から受け取った求人広告費用の一部を支給しているだけです。

2.入社祝金を高額提示する理由

入社祝金の仕組み自体は

  • 企業
  • 派遣会社
  • 転職希望者

それぞれ得をする仕組みとなっており、誰一人損をすることはないようになっています。

とは言え、どうしても高額な祝金が簡単に手に入るとなると、手前に置いてあるお金に手が伸びてしまいます。

派遣会社によっては悪質なところもあります。

ですので、提示されている入社祝金の金額だけに目を奪われないように転職希望者は注意しなければなりません。

2-1.過大広告で集客を狙っている

入社祝金を目当て期間工を志す人は多い。

入社祝金は、自動車メーカーや派遣会社の利用比較基準としても、外せない項目。

派遣会社側では入社祝金の金額をどんどん高く提示して、より多くの応募者を集めようと必死です。

中には過大広告で応募者を集めている派遣会社も。利用者は注意が必要です。

2-2.入社祝金がもらえないケースもある

期間工の入社祝金は2つの会社から支給される。

  1. 自動車メーカー
  2. 派遣会社

派遣会社を通して応募することで2社から受け取ることができます。

入社祝金がもらえないケースとしては、

  1. 入社祝金の申請を行っていない
  2. 採用が決まっても勤務していない
  3. 全額支給日まで勤務せず辞めた

などが挙げられます。

利用する派遣会社によって入社祝金の支給方法は違います。

また、全額受け取るのには条件が課せられている場合が多い為、応募の際には注意が必要。

2-3.派遣会社の入社祝金の支払い方法は多彩過ぎる

派遣会社によっては

「自動車メーカーに期間工としての採用が決まったとしても、すぐに入社祝金が支給されない」場合もあります。

金額があまりにも高額である場合は、2回に分けて支給されるケースが多い。

つまり、全額受け取るには最低でも2ヶ月間は勤務しなければなりません。

その他、利用する派遣会社によっては

支給日まで1日でも欠勤・遅刻等

があれば入社祝金が支給されないこともあります。

入社祝金の支払い方法は派遣会社によって違いますので、必ず利用前に詳細まで確認してから最終判断をしてください。

3.入社祝金以外で怪しいと思える事例

派遣会社では入社祝金以外でも

  • 様々な怪しいと思える過大広告
  • 嘘の広告を出している

ところもあります。

事前に知っておかないと騙される恐れがあるため、しっかりと利用する前にどのような広告があるのか把握しておきましょう。

また、派遣会社によっては悪質な契約を持ち出して来るところもあります。

いくら入社祝金が高くてもあまりにも認知度が低い派遣会社の利用は避けた方が賢明です。

3-1.「寮環境は抜群!」は嘘

期間工の寮に関してイメージ画像を提示されている派遣会社は多い。

ですが、あくまでもイメージであり過度なキャッチコピー等に騙されてはいけません。

期間工の寮はどこの自動車メーカーでも、古いアパートの一室を貸し出しているところばかりです。

最悪の場合、個室ではなく共同部屋となる場合もあります。

中には綺麗な寮に当たる方もいるかもしれませんが確率はかなり低い。

ゆえに派遣会社のイメージ画像を信じて入社すると後悔するかもしれません。

3-2.「月収40万円以上可能」は条件あり

期間工としてこれから自動車メーカーで働こうと考えている方で、

派遣会社の「月収40万円以上可能」と言ったキャッチコピーには、必ず条件があること把握しておきましょう。

月収40万円貰えるというのは嘘ではありません。

ですが詳細を確認すると夜勤や残業といった手当が高くつく労働を一定時間行うと貰える額である場合が多いです。

常に毎月コンスタントに月収40万円を維持するのは不可能であり、40万円が手取り額であるかも怪しい。

騙されないためにも過度なキャッチコピーが使われている場合は、必ず詳細まで確認する癖をつけておきましょう。

3-3.「満了金300万円支給」は手取り額ではない

期間工では確かに実働勤務日数に合わせて満了金が支払われます。

満了金を大きく取り上げて募集者に過度な期待を持たせようとしている派遣会社は多い。

入社祝金と合わせて注意が必要です。

満了金はどの自動車メーカーでも実働勤務日数を指標にして、支給額が変化するようになっており、恐らく300万円は満期(2年11ヶ月間)まで働いた場合のみだと思われます。

その他、総支給額は確かに300万円かもしれませんが、そこから年金や健康保険料、税金等が引かれると手取りは少なくなることも考慮しておきましょう。

4.怪しい入社祝金を見抜いて、安心安全にもらう方法

怪しい派遣会社を活用して後悔しないようにするためには、多くの人が利用している大手の派遣会社を活用するのが一番。

日本には沢山の派遣会社が存在しており、その数は世界でも一番多いと言われています。

誰も知らないような派遣会社を利用するよりも周りが利用していて、安心感がある大手を活用する方が例え入社祝金が少なくても安心できるはずです。

悪徳業者のような派遣会社は過度に入社祝金を多く見せたり、寮の生活環境が快適だと言ったキャッチコピーを活用しています。

怪しい謳い文句に騙されないようにするためにも、まずは大手に相談して自身に適した自動車メーカーはどこなのか聞いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です